1



また来年もおなじみの葉巻が消えるようだ。


廃盤予定のブランド、シガー、パッケージに関する情報が出始めた。まだ確定ではないし、現段階ではちょくちょく候補が変わっている。

こんな段階で一喜一憂するのは間抜けな話だが、もしそのリストに自分の常喫銘柄や特別な思い入れのある銘柄が入っていたらとても気になるだろう。それに今後のストック予定も変わってくるというものだ。

2011年8月20日段階でのリストは以下の通り。



Proposed Deletions for 2012   An Initial List (Last Updated: 20 Aug 2011)



(Brands)

Vegueros



(Cigars)

Bolivar Corona Extra

Fonseca No.1

HDM Churchill's

LCG Tainos (LGCのタイプミスか?)

Punch Petit Corona del Punch

ERDM Petit Corona

RYJ Corona

RYJ Petit Princess

Sancho Panza Molinos

Trinidad Robusto T ??

Trinidad Robusto Extra

Vegas Robaina Clásicos

Vegas Robaina Familiar



(Packaging)

Bolívar Petit Corona - SLB50

Cuaba Tradicionales - B25

Upmann Magnum 46 - SLB50

Upmann Magnum 50 - SLB50

HDM Epicure Especial - SLB50

Partagas Aristocrats - P5

Partagas Partagas Deluxe - P3at

SLR Regios - SLB50

SLR Serie A - SLB50

Trinidad Fundadores - vSBN12



ソース=(www.CubanCigarWebsite.com) (リンク切れ注意)



驚いたのはVeguerosというブランドが廃止候補に挙がっていること。

ブランド自体の廃止はそうめったにあるものではないから、インパクトは大きい。

ビトラでは各ブランドの中でもやや地味な印象があるものが候補に挙がっているように思える。

パッケージではSLB50を止めてゆきたい、という意図がみえてくる。SLB50は一般に平箱よりも品質が高いといわれ、こちらを好んで買う人も多いはず。差を持たせる余裕がない、ということだろうか。



長い目で見れば昔から名品といわれる銘柄が消え、新しい銘柄が加わり、新しい名品が生まれ、シガースモーカーはその度に一喜一憂しながらも、その起伏のある変化に想い出を重ねながら楽しむことができる。

あたかも1本のシガーが刻一刻と味わいを変え、それを楽しむがごとく、長年のスパンでもシガーの変化を楽しんでいるともいえる。



人気ブログランキングへ

たばこ人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・タバコへ

愛煙・タバコランキングへ



「大煙会」公式ブログ



本日煙になったタバコ

Cigarettes

  わかば 2005:3本

  SHINSEI 2005:6本

  Peace 2005:3本

Pipe

  桃山:1ボール

  Dunhill NightCap:1ボール

Cigar

  Trinidad Reyes