1



葉巻でちょっと面白いあそびをやった。


日曜は「東京スモーキング・クラブ」の例会。

このクラブはパイプ連盟に加盟しているパイプクラブでもあるが、毎回テーマを決めて様々なタバコを楽しんでいる。

今回のテーマはオレが担当する「葉巻」。

メンバーの意見を参考にブラインド・シガー・レビューをすることにした。

7本のプレミアム・シガーをリングを外した状態でテイスティングし、レビューする企画とした。



用意したシガーはペティコロナス6本と細めのロブスト1本。

  Tatuaje Noellas(ニカラグア)

  Dona Flor Robusuto Connecticut(ブラジル)

  Juan Lopez Petit Coronas(キューバ)

  Carlos Bean(ホンデュラス)

  Punch Petit Coronas Del Punch(キューバ)

  Nat Sherman Vanderbilt(ドミニカ)

  Montecristo No.4(キューバ)



2



これらのリングを外し、A〜Gのリングをつけた。



3



メンバーはこれを吸って、その味わいの特徴などを挙げ、好みに合うかを5段階で評価し、可能なら産地や銘柄を推理する。

という遊びだ。このラインナップで銘柄を当てるのはまず不可能だろう。



オレは出題者なので、あまり楽しめないが、幸いなことに半分以上を失念した。



4



着火前の香りや葉脈処理のチェックなどであたりをつけ、一斉に着火し、順次味わってゆく。



5



想像した以上にわからないものだ。オレの場合、Carlos Beanのわかりやすい甘さをPunchと間違えたり、Juan Lopezがとても美味しかったのでMontecristo No.4と思いこんだりした。いかに普段はブランドに惑わされているかを思い知る。



テイスティングが終わり、シートを集め集計してみると面白い結果がみられた。



6



先ず、銘柄を当てた人はいなかったが、産地を半分当てたメンバーがいた。

味覚評価のトップはJuan Lopez Petit CoronasとCarlos Bean(キャニオナッゾ ペケーニォ)が並んだ。

特筆すべきはCarlos Beanだ。今回の中で最も安い750円で、ラファイエットの別注オリジナル・シガー。特徴はフルーティーな甘さで、パンチっぽい(オレは間違えた)。当クラブイチオシ・シガーとさせていただく。

2位はTatuaje Noellasで順当。ちなみに女性と初心者にはTatuajeの人気が高かった。

女性陣や初心者は細かく味わいを書いてくれたが、ベテランは産地・銘柄当てに走っていた(笑)。



この遊びは思いの外面白いものだった。

それぞれの参加者が葉巻への認識を深めたようだ。

もちろんオレも。



その後のロンスモで賞品としてネタパイプをもらったので来週紹介しよう。



人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・タバコへ

愛煙・タバコランキングへ



「大煙会」公式ブログ



本日煙になったタバコ

Cigarettes

  Peace:2本

  Seven Stars:15本

Pipe

  Dunhill Night Cap:1ボール