1



ちょっと悲しいニュースである。


スモーカーの聖地として有名な「五反田 野村たばこ」のサロンが2010年9月をもって閉鎖される、というニュースを先週聞いた。(たばこ屋としての営業は存続)

クローズの正確な日にちはまだ決まっていないようだが、値上げ前には、ということらしい。



思い起こせば、初めてここでシガーを買った時に店主から「喫んでく?」と聞かれた時からの付き合いである。

シガーとパイプ煙草に関しては国内流通品をほぼ全て取りそろえている。



最大の特徴は店内に椅子や灰皿を用意し、普段喫煙場所を探すのに苦労するシガーやパイプを心おきなく吸わせてくれる「サロン」の存在だ。

サロンといっても高級会員制の雰囲気ではなく、むしろ立ち飲みや屋的である。

日本では間違いなくナンバーワンのたばこ屋であろう。



いつ行っても常連が美味しそうにシガーやパイプを吹かしながら談笑している風景を目にすることが出来る。

初めてドアをくぐる人には馴染みにくいかもしれないが、最初はみなそうなんだ。

一服している間にうち解けてくる。



長年通っている常連は栄誉ある「ミニ店主」扱いを受けることが出来る。

店主から「彼、パイプ初めてだから手ほどきしてあげて」、

「こういうシガーを探しているそうだから選んであげて」、

「これよりもラタキアの強いタバコ見繕って」

等々、アドバイザーとしてこき使われるのだ。

オレも何人かにパイプの手ほどきをし、シガーを選び、パイプ煙草の傾向を説明した。

そんなアドバイザーがこの店には沢山いる。



こういったことが、客同士をつなぐ。

現在のネット社会にあって、アナログ対面販売にこだわる店主の人間哲学の表れともいえよう。



店主自身が趣味人であることからか、この店に集まる趣味スモーカー達はよく集まって楽しんでいる。

サイクリング、釣り、シガーパーティー、パイプクラブ、アート。

オレ自身もこの店で多くの友人を持つことが出来た。

今はそのことに大きな感謝の気持ちを持っている。





まだ正式なクローズ日程は出ていない(アナウンスされていない)段階でこの記事を書いたことには訳がある。

最近足が遠ざかっている常連達が後で後悔しないように。

また、そのうち行ってみようと思っている人が後悔しないように。





願わくば、何らかの理由で「やっぱ続けるよ」という奇跡を祈りつつ。





↓応援してね。



人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・タバコへ

愛煙・タバコランキングへ



本日煙になったタバコ

Cigarettes

  中南海:13本

  Peace:2本

  ESSE mini black:2本

煙管

  小粋:2服

Pipe

  Pterson Summer Time 2010:1ボール

  Esoterica Tobacciana Penzance:1ボール

Cigar

  Don Tomas Clasico Presidente