1

このところ風邪引きなので、

そんなときに重宝するタバコたちをレビューする。


といってもこれらはお菓子だ。

子供の頃、駄菓子屋で買っては大人のマネをしていた。



先ずはパイプチョコ。

2

ボールを包み込むようにマッサージしながら、チョコを口腔に送り込む。チョコのアロマ感はやや弱いものの、たっぷりとした甘さがそれをカバーしている。

パイプを銜えた感じは軽く、スタンウェル フェザーウェイトを彷佛させる。表面加工はサンドブラストと思われる。

後半やや単調になり、チョコの通りも悪くなるため、シャンクからマウスピースにかけて、絞り出す必要がある。

このパイプは使い捨てであるため、吸い終わったら不燃ゴミとして捨てられる。



シガレットチョコ

3

ビニール包装の質が悪く、開けるのに苦労する。シガレットはフィルターの無い両切りだ。

巻紙を破り、中のちょこを露出させる、この際若干の巻紙を残さないと手がチョコで汚れてしまう。

チョコ自体はオランダ製だ。柔らかく、溶けやすい。前半は口腔内にやや粉っぽさを感じるが、後半はチョコのアロマと香料が相まって、全体に甘めの仕上がりだ。しかし、一本で飽きてしまう。



ココアシガレット&ブルーベリー

4

箱を開けるとビニールに包まれたシガレットが表れるが、紙を使っていない。これはシガリトと呼ぶ方が正しいかもしれない。

仕上がりはかなり固い。バリバリと歯で砕く必要がある。甘みは上記のモノに比べ、やや控えめだ。ココアのアロマもネーミングほどは立っていない。最後に口腔にザラザラした感触を残して消えていった。

ブルーベリーは強烈なアロマがあり、ココアよりも甘い仕上げになっている。子供向けといえよう。



これらのタバコは駄菓子屋、もしくは菓子メーカーのサイトから購入できる。



タバコを楽しもう!→煙草blogランキング



本日煙になったタバコ(風邪引きモード)

Cigarette

 American Spirit Yellow:5本

中南海One:5本

Pipe

 W.O.Larsen Old Fashion:1ボール