jiten



この雑記におけるタバコ用語の定義をまとめておく。

といっても書いているオレもあまり厳密には守っていない。


『タバコ』=tobacco 煙草葉(ナス科ニコチアナ属の植物、学名:ニコチアナ・タバカム、ニコチアナ・ルスチカ)を原料にした嗜好品全てを指す。



『シガレット』=cigarette 紙巻き煙草。



『シガー』=cigar 葉巻。このサイトではプレミアム・シガーを指す。



『プレミアム・シガー』=刻んだ葉を使用しない、手巻きの葉巻。



『ドライ・シガー』=刻んだ葉を使用する、機械巻きの葉巻。



『ヒュミドール』=シガーを保管するための箱。湿度を一定に保つ仕組みがある。



『パイプ』=煙草を吸うための道具。



『パイプ煙草』=パイプに詰めて吸う刻んだ煙草葉。本来は煙草といえばパイプに詰めるものをいうが、日本ではシガレットのことを煙草と呼んでいるので、ここでは区別するためにこういう。



『刻み』=刻み煙草。日本の伝統的煙草。細さ0.2mmの世界一細いカットの煙草。煙管を使って吸う。



『煙管』=キセル。刻み煙草を吸う道具。



『喫む』=のむ。嗜好品であるタバコやコーヒーを楽しむ時に使用する。声に出して読みたい美しい日本語だ。



『ジュース』=パイプを吸う時にしばしば出てくる水分。煙草葉に含まれる水分が何らかの理由でパイプ内に溜まる。初心者はいつもジュースを飲んでいるが、上手に吸うと出ない。



『禁煙』=タバコをより美味しく味わうために一旦タバコを止めること。



『本日煙になったタバコ』=オレがこの雑記を書いた日に吸ったタバコ。