top

昨年の東京パイプショーで入手した堂本氏のパイプをようやくブレイクイン。
ブレイクインっていうのは新品のパイプの火入れ式だ。
昔はこだわりをもって慎重にやっていたけど、今は普通の喫煙時と変わらない。
以前はブレイクイン用のタバコも決めていたし、焦がさないようにかなり慎重に吸っていた。
パイプ喫煙も葉巻も最初のうちは色々とこだわりを持つものだが、慣れてくるにつれそれらはそぎ落とされていく。結果、それぞれの自然体で楽しめるようになる。

しかし今回はちょっと趣向を凝らしてブレイクインをしてみた。
東京パイプショーで提供された「W.O. Larsen 2015 Limited Release Hand Pressed」で、同じくパイプショーで入手した2015年のチャンピオンである堂本氏のパイプをブレイクインしよう。という自己満足企画だ。
もっと早くやりたかったが、タバコがどこかにまぎれてしまい、最近発掘し、加湿していたためこの時期となってしまった。

堂本氏のパイプは片側に細かいブラストが施された、小ぶりで手に馴染むかわいらしいデザイン。

IMG_6182


100gで14万円するばかげたタバコはこんな見た目。フレイク状のものをほぐしたもの。

IMG_6178

IMG_6181

昨年のパイプショーの会場でもグロースヴァルト社長提供のこのタバコをみんなで味わっていたので、今回2回目。やっと落ち着いて1ボール吸える。
いつものようにやや固めに詰めると2割ほど残ってしまった。後日ボールの小さなエルメスで吸ってしまおう。
着火する。やはり独特のハーブ香が利いている。雑味は無く、マイルドで、ハーブに慣れてくると奥深い旨みを感じる。
パイプのおかげもあるだろうが、しみじみ旨い。穏やかでパンチは全くないが、きれいな印象のタバコだ。
もちろん、旨いがリピートしたくなるような印象は全くない。やはり話題性とお祭りがなければ選択肢には入らないタバコだ。

自己満足企画としてはとても満足できるものであった。

人気ブログランキングへ
たばこ人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・タバコへ
愛煙・タバコランキングへ

「東京パイプショー」公式ブログ

「大煙会」公式ブログ

本日煙になったタバコ
Cigarettes
   HOPE:10本
Pipe
  W.O. Larsen 2015 Limited Release Hand Pressed:1ボール
  Robert Lewis 123 Mixture:1ボール
Cigar
  Montecristo No.2