top

TSCの活動より。
ベーシックなシャグにチョイ足ししてバリエーションを楽しもう、という試み。
まず前提として、タバコのブレンドは分野として大きく2つある。
ストレート葉をブレンドするもの。=ブレンド。
既製品をブレンドするもの。=レディメイドブレンド。
このように分けて表現するのがスタンダードなようだ。USAなどで行われるブレンドコンテストなどでは上記のように分野分けしている。
日本ではなかなかストレート葉が揃わないので、専らレディメイドブレンドが中心となる。

今回はレディメイドブレンドを楽しみつつ、メインはタバコ以外の物をブレンドしてみよう、という企画。
ジャドーブレンドと名付けてみよう。

ベースとしたのはRAWのクラシック。ヴァージニアにブラジル葉を少し加えた無添加シャグ。

先ず最初に用意されたのが、会員のFが今朝焙煎してきたマンデリン(コーヒー)。それをその場で挽いた。

IMG_5307

とても良いコーヒーの香りが部屋に満ちる。
シャグと一緒に巻いて吸う。燃やすとコーヒーの香りはそれほど強くない。それでもマンデリンの個性を感じる程度には香る。
もちろん飲み物はコーヒーが合う。
そして中盤までは良いのだが、後半になると炭っぽさが口に残る。これは文字通り炭を燃やしているからだろう。葉っぱとは違う後味。

次に用意したのが紅茶。LUPICIAのフレイバーティー、SAKURAMBO。つまりチェリー着香。

IMG_5309

1/4程度を紅茶としたブレンド。予想通りチェリーテイストのタバコになった。これは普通に美味い。葉っぱを燃やしているので炭っぽさもない。
フレイバーティーなので紅茶の香り自体は感じないのだが、舌に残る後味に紅茶を感じる。悪くはない。
もちろん飲み物は紅茶が合う。
昔、紅茶をストレートで巻いて吸ったことがあるが、紅茶の香りはするがニコチンが無いことで物足りなさを感じたが、タバコがメインであれば吸いごたえもあり、満足できる。

次に砂糖。糖分はタバコ葉にも含まれているので相性はいいはずだ。
実際に火を点けるとカラメル香がして良い具合。しかし燃えにくい。パウダーシュガーがあればよかったと思った。

邪道を試した後はタバコ系。

先ずはシガー。シガー葉を単体で巻くとあまり美味しくない。パイプで吸う場合もそうだ。だからこれもアクセントとして使う。
コクが感じられる重厚な味わいになる。ここに更にコーヒー豆を加えると先ほどのコーヒーブレンドにコクが加わりいい感じだ。

次にオリエント葉。これは普通のオリエントブレンドとなり、高級なシガレットの味わいとなり、普通に美味い。

色々試して舌がおかしくなった感はあるが、面白かった。
オレの感想としては、やはり紅茶の相性が抜群だった。どうせなら烏龍茶や甜茶、緑茶など茶葉を使ったブレンドを色々試して見たいと思った。

ばかばかしい企画だったけど、いつも吸っている銘柄にちょっと飽きたらこんな遊びもいいだろう。

人気ブログランキングへ
たばこ人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・タバコへ
愛煙・タバコランキングへ

「東京パイプショー」公式ブログ

「大煙会」公式ブログ

本日煙になったタバコ
Cigarettes
   HOPE:8本
Cigar
   Humidor Selection 30
Pipe
   Orlik Golden Sliced:1ボール
   柘 軍神:1ボール
R.Y.O
   RAW Classic 色々ブレンドして10本くらい