top

国際パイプクラブ委員会からの通達で今後競技の名称をslow smokingに統一することになった。
国際パイプクラブ委員会とは正確にはComite International of Pipe smokers Clubsといい、略称はCIPC。各国のパイプクラブ連盟のまとめ役。日本からは鈴木達也氏がvice presidentとして参加している。

2018年に日本で世界大会が開かれることもあり、連盟も準備を始めたところだ。その際、タイトルにもあるように、競技の名称がロンスモからスロスモに統一しよう、という通達を受けた。
実際には日本ではパイプスモーキング選手権という名称であり、ロングスモーキングというのは俗称である。
これがスロースモーキング選手権になる、ということだろう。悪くないネーミングだと思う。

ちなみに世界大会にはゲスト参加ができない。CIPC会員のみ、というルールがある。日本のPCJ所属メンバーは自動的にCIPC会員であるため、新たに何かに所属する必要はない。
パイプショーは会員でなくても参加できるので、こちらは誰でも楽しめる。


オレは最近、連盟の常任理事になったので、中の人として世界大会の準備の雑務を手伝うことになった。連盟の仕事はひたすら雑務をこなすことなので、奉仕の精神がないと務まらない。しかも貧乏所帯なので、どこぞの知事のようにお金を湯水のように使うこともできない。

今日は連盟の総会があり、各クラブの代表が理事として参加したのだが、TSC以外でも会長が代替わりしたクラブがいくつかあり、少しずつ新陳代謝が進んでいる印象を受けた。
また、今後は各種SNSなども積極的に活用してアピールをしていく方針も発表された。でもそんな忙しい役割を誰が引き受けるのだろうか?

オリンピックで禁煙化が進む東京で本当にタバコを吸う大会が開けるのだろうか。
そんなことにドキドキしながら粛々と準備が始まった。

人気ブログランキングへ
たばこ人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・タバコへ
愛煙・タバコランキングへ

「東京パイプショー」公式ブログ

「大煙会」公式ブログ



本日煙になったタバコ
R.Y.O
  DRUM:6本
Cigarettes
  Hope:8本
Pipe
  Orlik Golden Sliced:2ボール