top

落ち着いた。疲れも取れた。

大煙会の詳細は随時公式ブログにアップするのでそちらを参照してほしい。
今日は大煙会で印象に残ったことと、その他のネタを書こう。

今年の大煙会は今までで最も涼しい会になった。
朝は雨だったので客足もまばら。それでも昼にはいつもより人であふれていた。
今年一番収穫だったのは「スナッフ(嗅ぎ煙草)講習会」。北欧の社長にお願いして2度開催してもらった。
022

初回にオレも参加したのだが、歴史や製造工場の写真など興味深いお話と、未輸入サンプルの試し吸いもさせてもらった。
024

北欧さんが扱うウィルソン社は世界最古のスナッフメーカー。
数十種類のスナッフを生産しているが、日本に入っているのは数種類。
今回未輸入のサンプルで注目したのが「アニス」。よくお酒なんかに入っているハーブで甘く癖のある香りは好き嫌いがはっきりする。
オレもアニスの酒はめったに飲まない。あまり期待しなかった。
しかし吸ってみるとアニスの香りは強くなく、メンソールのような刺激も無い。とてもマイルドでいい。
他の参加者もみなこれを気に入ったようだ。社長も今度はこれも入れようかな、と言ってくれた。
それと、ホワイトスナッフという白い粉。見た目は怪しさ100%な純白の白い粉。
025

実は上質のグルコース(ブドウ糖)にメンソールの香り付けしたもの。子供でも吸える。
吸うと鼻が通る。舐めると甘い。花粉症の季節に最高の友となるだろう。しかし人前でやるときは注意が必要だ。

嗅ぎ煙草についてはこちらを参照のこと。

もう一つ面白かったのはロシアのシガレット「KAZBEK OVAL」。
006

写真にあるように、オリエントがメインになったブレンドで、断面が楕円形になっている。
吸えばまさにオリエントの香り。たしかにゲルベやラムセスを思い出す。
これはたまに吸いたくなるシガレットだ。自由が丘「いづみや」で購入できる。

今回もチャリティーオークションを開催したのだが、予告もなしに関東パイプオフのmonpe氏に司会を依頼。
084

突然の依頼にも関わらず気持ちよく(?)お引き受けいただき、とても盛り上げてくれた。ありがとうございます。


さて、大煙会が終わって、ぼーっと過ごした後、たまたま五反田で友人がお手伝いしているイベント(煙草ではない)に参加した。
会場が野村たばこから至近だったため、終了後は久しぶりに一服しに寄った。
そしてたまたま池田山下パイプクラブの例会だったので流れで参加。
副会長を務めるK氏はアメリカに出張する度に現地のタバコ屋を訪ね歩く趣味を持つ。
今回、大煙会に参加した翌日からシリコンバレーに出張。良いタバコ屋を発見したそうな。

どんなタバコ屋だったかは氏のブログを参照のこと。

ブログで紹介している「Dunhill を模してブレンドしたという、965, LDN, Early Mor 等があり、」の965をなどいくつかのオリジナルブレンドを購入してきた。
オレも965を少し分けてもらい、今この記事を書きながら吸っている。
ティンノートはかなりラタキアを強く感じるが、吸ってみるととても上品なブレンドに仕上がっている。
雑味が無くオリジナルよりも柔らかい煙だ。酸味と甘みのバランスも良い。美味いタバコだが965とは別物だな。

日本では法律上、このようにタバコを売ることは不可能。日本以外ではだいたい可能だ。そこが悔しい。
日本だったら、素焼きの壷とか伊万里の奇麗な壷を並べて売ったらいい感じだよね〜。などと盛り上がる。

大煙会が終わっても楽しいタバコライフは続く。

人気ブログランキングへ
たばこ人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・タバコへ
愛煙・タバコランキングへ

「大煙会」公式ブログ

本日煙になったタバコ
Cigarette
  Golden Bat:2本
  中南海:13本
  American Spirit Yellow:2本
  HOPE:1本
Pipe
  Original 965:1ボール